住宅設備に関することをわかりやすくまとめて紹介しています

リフォーム業者選びで満足度は変わる

役目を知る

防犯砂利について

防犯砂利の効果、役目というのは庭や通路に防犯砂利を敷くことで泥棒などが庭などから侵入しようとした時に何も敷いていない時よりも足音が聞こえるようになるため、泥棒に侵入されにくくなるという効果があります。また,防犯砂利を敷くだけで泥棒に狙われないような家にすることができます。値段も手頃なため、直ぐに取り入れることができます。 防犯砂利が出てきたのは泥棒が侵入してきたときに窓ガラスを割らないで鍵が空いていた所から侵入されたため音が聞こえなかった、また窓ガラスを割ったとしてもあまり聞こえなかったために侵入されたなど、泥棒の手口も巧妙化していました。少しでも音がなるようにするための対策として、また、人々の防犯意識の高まりからここ10年の間で防犯砂利が出てきました。 防犯砂利は庭や通路に巻くだけで防犯に繋がります。防犯砂利の大きさも異なるため、建物の外観や庭の雰囲気にあったものを使うことで更なる防犯に繋がるだけでなく庭を綺麗に見せることも出来ると考えます。

防犯砂利を敷くと歩くとき大きな音がするので防犯対策になります

防犯砂利は通常の砂利よりも粒が大きいので歩くときに大きな音がします。窓を閉めていても防犯砂利の上を歩くと人が近づいてきたのがわかるほどの大きさなので防犯対策になります。 見た目も美しい防犯砂利なので、ガーデニングと合わせて敷き詰めると庭もきれいになります。海外では昔から防犯砂利は使われていましたが、日本でも最近多くの家庭で防犯砂利が使われるようになってきています。防犯砂利を敷いて雑草が生えてしまうと効果が薄れてしまうので、雑草が生えないようにしながら防犯砂利を敷き詰めていくと、草刈りをしないでも使い続けることができます。 防草シートを防犯砂利の下に敷くだけでも雑草は生えてきにくいので、砂利を敷く前に対策しておくと万全です。

↑ PAGE TOP